ソーラー市場 月次レポート

大手太陽電池メーカー各社の第3四半期決算報告から

  • 印刷
  • 共有

海外の大手の太陽電池モジュール製造企業の2014年第3四半期決算をみると、2014年の太陽電池モジュール出荷量ランキングが変化しそうである。第3四半期の実績報告では、各社が通年の出荷量見通しを報告している。通年の出荷見通しでは、上方修正した企業もあるが、中国や新興市場における導入の遅れ等を理由に下方修正した企業もある。

上方修正を報告したJA Solarは、2014年第3四半期の太陽電池セル/モジュールの総出荷量は前年同期比57.0%増の785.4MWであったと報告している。このうち太陽電池モジュール出荷量は695.3MWであった。同年第4四半期の総出荷量は、850~900MWを見込む。2014年通年出荷量見込みは、2.9~3.1GWから3.1~3.2GWに上方修正した。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報