ソーラー市場 月次レポート

太陽電池を巡る貿易摩擦に関する動向

  • 印刷
  • 共有

2014年12月には、米国商務省(DOC)が米国と中国・台湾間の新たな貿易摩擦に対する判断を下す予定である。また、9月には、中国政府は輸入ポリシリコンに対して反ダンピング税逃れの抜け道を防ぐ措置を実施した。インドの財務省は、米国、中国、マレーシア及び台湾製太陽電池製品に対して反ダンピング税を課さないことを決定しているが、貿易摩擦の動きは、世界の太陽電池モジュールの供給体制や価格に大きな影響を及ぼす可能性があり、最近の状況をまとめる。

米国商務省は、2012年12月7日に中国製結晶シリコン太陽電池セル(セル単体、モジュール化セルいずれも)に対して反ダンピング(AD)税及び不当な補助金に対する相殺関税(CVD)を最終決定し、2012年12月7日にAD及びCVDの賦課命令を発令した。この関税を回避するために、中国の太陽電池モジュール製造企業は、台湾製のセルを利用して中国においてモジュール化し、米国に輸入することでAD/CVDを回避していた。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報