> コラム > 太陽電池を巡る貿易摩擦に関する動向
ソーラー市場 月次レポート

太陽電池を巡る貿易摩擦に関する動向

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

2014年12月には、米国商務省(DOC)が米国と中国・台湾間の新たな貿易摩擦に対する判断を下す予定である。また、9月には、中国政府は輸入ポリシリコンに対して反ダンピング税逃れの抜け道を防ぐ措置を実施した。インドの財務省は、米国、中国、マレーシア及び台湾製太陽電池製品に対して反ダンピング税を課さないことを決定しているが、貿易摩擦の動きは、世界の太陽電池モジュールの供給体制や価格に大きな影響を及ぼす可能性があり、最近の状況をまとめる。

米国商務省は、2012年12月7日に中国製結晶シリコン太陽電池セル(セル単体、モジュール化セルいずれも)に対して反ダンピング(AD)税及び不当な補助金に対する相殺関税(CVD)を最終決定し、2012年12月7日にAD及びCVDの賦課命令を発令した。この関税を回避するために、中国の太陽電池モジュール製造企業は、台湾製のセルを利用して中国においてモジュール化し、米国に輸入することでAD/CVDを回避していた。

(※全文:4,737文字 画像:なし 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

ソーラー市場 月次レポート バックナンバー

この記事の著者

貝塚 泉(かいづか・いずみ)

資源総合システム 調査事業部 部長

国際研究エネルギー機関・太陽光発電システムプログラム(IEA PVPS)タスク1(情報交換部会)の専門家を2003年から務める。国内外の太陽光発電関連国際会議やシンポジウムで講演。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.