> コラム > 太陽光発電、出荷統計を分析する
ソーラー市場 月次レポート

太陽光発電、出荷統計を分析する

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

再生可能エネルギーの固定価格買取制度により、日本の太陽光発電市場は大きく変化している。固定価格買取制度開始前の市場ドライバは、住宅用太陽光発電システムの補助金制度余剰電力の優遇買取制度であったことから、導入容量でみると、日本の太陽光発電システム市場の約80%を住宅用太陽光発電システムが占めていた。

固定価格買取制度の開始により、20年という長期間の買取が約束されることで、収益性を計算できるようになり、発電事業として太陽光発電の導入が可能となったために、非住宅の市場が大きく伸び、結果として国内市場が大きく拡大している。その結果、海外製モジュールの輸入量も大きく増えている。こうした傾向は、太陽電池の出荷統計にも顕著に表れている。

(※全文:1,427文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

ソーラー市場 月次レポート バックナンバー

この記事の著者

貝塚 泉氏
貝塚 泉(かいづか・いずみ)

 資源総合システム 調査事業部 部長。国際研究エネルギー機関・太陽光発電システムプログラム(IEA PVPS)タスク1(情報交換部会)の専門家を2003年から務める。国内外の太陽光発電関連国際会議やシンポジウムで講演。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.