> コラム > 太陽光発電市場は中国以外が拡大、年間導入量は120GW台突入も
ソーラー市場 月次レポート

太陽光発電市場は中国以外が拡大、年間導入量は120GW台突入も

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

2018年の世界の太陽光発電市場は、中国における導入抑制政策により縮小も懸念されたものの、2017年と同レベルの市場規模は維持できており、導入量(連系したDC容量)は、約100GW規模となる見込みである。中国の導入量が2017年の53GWから2018年は44GWに減少したが、GWカントリー(年間導入量GW達成国)の増加や新興市場での導入増、オーストラリア市場及びドイツ市場の成長等により、速報値では約100GWの導入量が見込まれている。表1に2018年の世界における動向のハイライトを示す。

(※全文:1582文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

ソーラー市場 月次レポート バックナンバー

この記事の著者

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.