> コラム > 太陽電池を巡る貿易摩擦の状況:インドのセーフガード措置
ソーラー市場 月次レポート

太陽電池を巡る貿易摩擦の状況:インドのセーフガード措置

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

インドの2017年における太陽光発電システムの新設導入量は9.1GWであり、中国、米国に続いて世界第3位であった。2018年は最大で12GWの導入が期待されていたが、不透明性が生じたことで、市場の伸びは短期的に鈍くなる見込みである。

インド財務省は、マレーシアおよび中国から輸入される太陽電池セル・モジュールに25%のセーフガード関税を課すことを決定し、2018年7月30日に発動した。セーフガード措置は、インド貿易救済総局(DGTR)の提案が採用され、期間は2年間、税率は1年目は25%、2年目の最初の6ヶ月は5%減の20%、7ヶ月目以降はさらに5%引き下げられ15%となった。対象国は中国、マレーシアで、それ以外の全ての発展途上国は除外される。

(※全文:2553文字 画像:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

この記事の著者

 印刷 記事を保存

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.