> コラム > ASEAN諸国の再エネ動向
ソーラー市場 月次レポート

ASEAN諸国の再エネ動向

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

ASEAN諸国においても各国が再生エネルギーの導入目標を設定しており、太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギーの導入に取り組んでいる。インドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオスから成るASEANは、2000年から2013年にかけてGDPは5.1%成長しており、電源需要が拡大する見込みである。ASEANでは表1に示すように、2025年までにエネルギーミックスにおける再生可能エネルギーシェアを23%とすることを目標としており、各加盟国も再生可能エネルギーの導入目標及び太陽光発電の導入目標を掲げている。

(※全文:2860文字 画像:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

ソーラー市場 月次レポート バックナンバー

この記事の著者

貝塚 泉(かいづか・いずみ)

資源総合システム 調査事業部 部長

国際研究エネルギー機関・太陽光発電システムプログラム(IEA PVPS)タスク1(情報交換部会)の専門家を2003年から務める。国内外の太陽光発電関連国際会議やシンポジウムで講演。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.