ソーラー市場 月次レポート

ドイツ、2015~2017年に蓄電池パリティ実現

  • 印刷
  • 共有

ドイツにおいては2010~2012年の3年間は年間7GWレベルの市場規模を維持してきたが、2013年の年間導入量は、3.3GWに縮小した。2014年の導入量はさらに減少して1.89GWとなった。これは太陽光発電の普及を毎年2.5~3.5GWの範囲に収めるという政治的意志が反映された結果である。

ドイツの蓄電池政策

ドイツにおいては、2000年に固定価格買取(FIT)制度が開始されて、7GW市場に到達するまでに10年間要している。この間にFITの見直しが市場の状況を踏まえて実施され、FIT価格については、設置場所(地上設置と屋根設置)と容量に基づいて決定されていたが、現状では、容量のみに基づくFITとなっている。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報