ソーラー市場 月次レポート

2015年の太陽光発電システム世界市場のハイライト

  • 印刷
  • 共有

国際エネルギー機関・太陽光発電システム研究協力プログラム(IEA PVPS)は、4月8日に報告書「Snapshot of Global PV Markets 2015」を発刊した。この報告書は、2015年の世界の太陽光発電システム導入量速報値及び動向のハイライトをまとめたもので、毎年刊行されている。

同レポートによれば、2014年の40GWに対し、2015年は25%の伸びで、世界で少なくとも48.1GWの太陽光発電システムが設置・系統連系されたという。今後、各国が報告する確定値を考慮すると、2015年の新規導入量は最大で50GWとなる可能性がある。2015年の市場規模については、様々な調査会社や産業団体が報告をしており、出荷量をベースに報告されているケースもあるが、IEA PVPSは、エネルギーにおける太陽光発電の貢献を分析するために設置・系統連系ベースで、太陽電池モジュールの容量(DC容量)で導入量を報告している。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報