> コラム > 2015年の太陽光発電システム世界市場のハイライト
ソーラー市場 月次レポート

2015年の太陽光発電システム世界市場のハイライト

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

国際エネルギー機関・太陽光発電システム研究協力プログラム(IEA PVPS)は、4月8日に報告書「Snapshot of Global PV Markets 2015」を発刊した。この報告書は、2015年の世界の太陽光発電システム導入量速報値及び動向のハイライトをまとめたもので、毎年刊行されている。同レポートによれば、2014年の40GWに対し、2015年は25%の伸びで、世界で少なくとも48.1GWの太陽光発電システムが設置・系統連系されたという。今後、各国が報告する確定値を考慮すると、2015年の新規導入量は最大で50GWとなる可能性がある。2015年の市場規模については、様々な調査会社や産業団体が報告をしており、出荷量をベースに報告されているケースもあるが、IEA PVPSは、エネルギーにおける太陽光発電の貢献を分析するために設置・系統連系ベースで、太陽電池モジュールの容量(DC容量)で導入量を報告している。

同報告書によれば、アジアは世界の太陽光発電市場の約60%を占め、3年連続で地域別導入量世界第1位となった。国別の第1位は、中国であり、2015年に15.3GWを導入した。前号でも報告したが、中国の累積設置容量は43.6GWとなり、ドイツ(39.7GW)を抜いて年間導入量、累積導入量いずれも世界第1位となった。日本は、2015年に11GWを設置し、前年の9.7GWと比較して小幅ながらも成長した。インドにおいては2GWが導入された。また、再生可能エネルギー・ポートフォリオ基準(RPS)制度を実施している韓国においては、1GWの太陽光発電システムが導入された。

(※全文:1,179文字 画像:なし 参考リンク:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

ソーラー市場 月次レポート バックナンバー

この記事の著者

貝塚 泉(かいづか・いずみ)

資源総合システム 調査事業部 部長

国際研究エネルギー機関・太陽光発電システムプログラム(IEA PVPS)タスク1(情報交換部会)の専門家を2003年から務める。国内外の太陽光発電関連国際会議やシンポジウムで講演。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.