> コラム > 世界の太陽光発電市場:2017年の総括と2018年の見通し
ソーラー市場 月次レポート

世界の太陽光発電市場:2017年の総括と2018年の見通し

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

弊社の調べでは2017年の太陽光発電世界導入量(DCベース、速報値)は、中国の導入量の大幅な拡大により、100GW前後となる見通しである。導入の上位3ヶ国は、第1位:中国、第2位:米国、第3位:インドであり、インドが初めてトップ3入りする見込みである。2018年についても、世界市場は中国の導入状況の影響を大きく受けるものと考えられるが、現時点では、低成長ケースで102GW、成長継続による高位ケースで120GWと見込んでいる。図1に2016年までの導入量の推移と2017年導入量速報値及び2018年の導入見通しを示す。

(※全文:1990文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

ソーラー市場 月次レポート バックナンバー

この記事の著者

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.