ソーラー市場 月次レポート

世界の太陽光発電市場:2017年の総括と2018年の見通し

  • 印刷
  • 共有

弊社の調べでは2017年の太陽光発電世界導入量(DCベース、速報値)は、中国の導入量の大幅な拡大により、100GW前後となる見通しである。導入の上位3ヶ国は、第1位:中国、第2位:米国、第3位:インドであり、インドが初めてトップ3入りする見込みである。2018年についても、世界市場は中国の導入状況の影響を大きく受けるものと考えられるが、現時点では、低成長ケースで102GW、成長継続による高位ケースで120GWと見込んでいる。図1に2016年までの導入量の推移と2017年導入量速報値及び2018年の導入見通しを示す。

図1 2016年までの導入量の推移と2017年(速報値)及び2018年の導入見通し
出典:(株)資源総合システム調べ
こちらをクリックすると拡大します

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報