ソーラー市場 月次レポート

ワールドカップでも太陽光が電力を供給

  • 印刷
  • 共有

2014 FIFAワールドカップ・ブラジルが開始された。ワールドカップは、世界的なスポーツイベントでもあるが、カーボンオフセットの一大イベントでもあり、太陽光発電システムを設置した競技場も利用されている。

国際サッカー連盟(FIFA)は、従来からワールドカップにおいて環境負荷を低減するための取組みを実施している。2006年ワールドカップ・ドイツでは「Green Goal プログラム」において、競技場の建設、競技場におけるエネルギーの利用、移動等から排出量を積算し、カーボンオフセットを実施した。今回もカーボンオフセットの取り組みが実施されているが、12の競技会場のうち3つの競技場に設置された太陽光発電システムがカーボンオフセットに寄与している。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報