ソーラー市場 月次レポート

進化する結晶シリコン太陽電池

  • 印刷
  • 共有

太陽電池の変換効率向上の進展に関してのニュースがいくつか報道されている。10月2日に米国の大手太陽光発電システムプロバイダーであるSolarCityは、変換効率22.04%の単結晶シリコン太陽電池モジュールの開発を発表した。

同社は、太陽光発電システムを設置し、設置場所(住宅や産業・商用施設)の所有者(個人や法人)に太陽光発電による電力を共有するサービスや、太陽光発電の購入を希望するユーザーに対して融資付きで太陽光発電システムを提供するビジネスを展開しているが、2014年9月に高効率単結晶シリコン太陽電池製造のベンチャー企業Silevoを買収した。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報