ソーラー市場 月次レポート

世界の太陽光発電累積導入量は300GWに到達

  • 印刷
  • 共有

国際エネルギー機関・太陽光発電システム研究協力実施協定(IEA PVPS)は、2016年の太陽光発電システム導入量の速報値(DCベース)に関する報告書として「2016 Snapshot of Global PV Markets」を発刊した。IEA PVPSは、公的な政府機関及び信頼できる業界団体等から情報を収集しており、最終的な確定値は2016年秋に刊行予定の「太陽光発電応用の動向報告書(Trends Report)」で報告される予定であり、各国の報告値及び世界全体の導入量も修正される可能性がある。

導入を主導した国は、2015年と同じように中国、米国、日本であったが、新興市場の導入量が伸びている点が注目される。2015年の市場動向の主なハイライトは以下の通りである。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報