> コラム > 太陽光発電システム世界市場総括
ソーラー市場 月次レポート

太陽光発電システム世界市場総括

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

2014年の太陽光発電システム世界市場においては、中国、日本及びインド等を擁するアジア地域が2013年に続いて最大の導入地域であった。米国市場の成長が継続したが、欧州市場は、前年からさらに縮小する結果となった。

一方で、市場は世界に拡がり、南アフリカやチリといった新市場での本格導入も開始され、2015年以降のさらなる市場成長の期待が高まる1年となった。太陽電池製造産業界では、世界市場の成長を見越して、増産の動きが再びでてきている。

(※全文:2,053文字 画像:なし 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

ソーラー市場 月次レポート バックナンバー

この記事の著者

貝塚 泉(かいづか・いずみ)

資源総合システム 調査事業部 部長

国際研究エネルギー機関・太陽光発電システムプログラム(IEA PVPS)タスク1(情報交換部会)の専門家を2003年から務める。国内外の太陽光発電関連国際会議やシンポジウムで講演。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.