ソーラー市場 月次レポート

太陽光発電システム世界市場総括

  • 印刷
  • 共有

2014年の太陽光発電システム世界市場においては、中国、日本及びインド等を擁するアジア地域が2013年に続いて最大の導入地域であった。米国市場の成長が継続したが、欧州市場は、前年からさらに縮小する結果となった。

一方で、市場は世界に拡がり、南アフリカやチリといった新市場での本格導入も開始され、2015年以降のさらなる市場成長の期待が高まる1年となった。太陽電池製造産業界では、世界市場の成長を見越して、増産の動きが再び出てきている。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報