ソーラー市場 月次レポート

欧州で進む、蓄電池パリティを見据えた動き

  • 印刷
  • 共有

急激な成長を遂げてきた太陽光発電市場であるが、接続可能容量の問題、固定価格買取制度の変更、買取額の議論と、市場環境に陰りが見え始めた。課題先進市場でもある欧州市場における事例をはじめ、欧州で進む蓄電池パリティを見据えた動きも紹介する。なお、全文は2月25日から始まる「スマートエネルギーWeek2015」で配布される、「環境ビジネス」特別冊子にて掲載する。

欧米の課題先進市場から日本を捉える

経済産業省(METI)による固定価格買取制度における導入状況の報告によると2014年1~10月の太陽光発電の導入量はACベースで6.9GWとなっており、DCベースでは9GWレベルを超えそうである。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報