> コラム > これからの太陽光発電事業:制約を機会に
ソーラー市場 月次レポート

これからの太陽光発電事業:制約を機会に

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

はじめに

我が国においては、平成24年(2012年)7月から固定価格買取制度(フィードイン・タリフ制度)が開始され、日本の太陽光発電市場の成長に大きく貢献してきた。弊社では、2015年の太陽光発電の導入量(系統連系容量)は、2014年の9.7GWをやや上回る10GW(DC)前後になると見通している。

市場拡大という意味では、非常に大きな効果をもつ固定価格買取制度であるが、様々な課題も浮上し、再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(再エネ特措法)の改正案がまとめられ、今後国会で審議される状況である。本稿では、海外における太陽光発電システムの導入コストの状況にふれたうえで、日本における今後の価格低減の方向性や事業の方向性について述べる。

(※全文:2,344文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

ソーラー市場 月次レポート バックナンバー

この記事の著者

貝塚 泉(かいづか・いずみ)

資源総合システム 調査事業部 部長

国際研究エネルギー機関・太陽光発電システムプログラム(IEA PVPS)タスク1(情報交換部会)の専門家を2003年から務める。国内外の太陽光発電関連国際会議やシンポジウムで講演。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.