ソーラー市場 月次レポート

これからの太陽光発電事業:制約を機会に

  • 印刷
  • 共有

はじめに

我が国においては、平成24年(2012年)7月から固定価格買取制度(フィードイン・タリフ制度)が開始され、日本の太陽光発電市場の成長に大きく貢献してきた。弊社では、2015年の太陽光発電の導入量(系統連系容量)は、2014年の9.7GWをやや上回る10GW(DC)前後になると見通している。

市場拡大という意味では、非常に大きな効果をもつ固定価格買取制度であるが、様々な課題も浮上し、電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(再エネ特措法)の改正案がまとめられ、今後国会で審議される状況である。本稿では、海外における太陽光発電システムの導入コストの状況にふれたうえで、日本における今後の価格低減の方向性や事業の方向性について述べる。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報