> コラム > 米国のセーフガード措置のインパクトとその後の状況
ソーラー市場 月次レポート

米国のセーフガード措置のインパクトとその後の状況

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

米・トランプ大統領は、米国通商法201条に基づくセーフガード措置内容を決定、2018年1月22日に米国通商代表部(USTR)が発表した。1年目は30%、2年目以降は5%/年減額され、最終年(4年目)は15%となるセーフガード・タリフが結晶シリコン太陽電池セル及びモジュールに対して課せられるが、セルに対しては2.5GW/年まで適用が免除される。措置は2018年2月7日に発動し、4年間適用される。表1にセーフガード・タリフを示す。

(※全文:2065文字 画像:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

ソーラー市場 月次レポート バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.