ソーラー市場 月次レポート

米国のセーフガード措置のインパクトとその後の状況

  • 印刷
  • 共有

米・トランプ大統領は、米国通商法201条に基づくセーフガード措置内容を決定、2018年1月22日に米国通商代表部(USTR)が発表した。1年目は30%、2年目以降は5%/年減額され、最終年(4年目)は15%となるセーフガード・タリフが結晶シリコン太陽電池セル及びモジュールに対して課せられるが、セルに対しては2.5GW/年まで適用が免除される。措置は2018年2月7日に発動し、4年間適用される。表1にセーフガード・タリフを示す。

製品 措置の種類 1年目 2年目 3年目 4年目
セル 適用免除の輸入量上限 2.5GW 2.5GW 2.5GW 2.5GW
上限超過時のタリフ 30% 25% 20% 15%
モジュール タリフ 30% 25% 20% 15%

表1 米国通商代表部(USTR)が発表したセーフガード・タリフの内容
(プレスリリースから、株式会社資源総合システムが作成)

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報