> コラム > 欧州太陽光市場の近況 太陽光の競争力が上昇!その結果、市場はどう動いた?
ソーラー市場 月次レポート

欧州太陽光市場の近況 太陽光の競争力が上昇!その結果、市場はどう動いた?

2019年9月9日~13日、フランス・マルセイユのMarseille Chanot Convention and Exhibition Centreにおいて、第36回欧州太陽光発電国際会議および展示会(EU PVSEC-36)が開催された。EUPVSEC-36の議長を務めたフランス・原子力・代替エネルギー庁(CEA)・新エネルギー・ナノ素材技術イノベーション研究所(LITEN)・Florence Lambert氏は、開会の挨拶において同会議のキーワードは「岐路(Cross road)」であると述べ、太陽光発電が主流電源になる岐路にあるとし、脱炭素に大きく貢献する電源として、先進的なセル/モジュール構造、先進的製造、系統との調和により、場所と時間に拠らず利用が可能な「PV Everywhere」を達成することが重要だと示した。

(※全文:1793文字 画像:あり)

ソーラー市場 月次レポート バックナンバー

この記事の著者

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.