ソーラー市場 月次レポート

太陽電池製造企業の増産計画

  • 印刷
  • 共有

太陽電池大手製造企業の2015年第3四半期報告が発表された。収益については各社各様ではあるが、通期出荷見通しや売上げを上方修正した企業も多く、下期からの世界市場における需要の伸びが反映されているようである。世界の太陽光発電市場は、中国、日本、米国に加えインド市場の拡大などから、2015年は昨年に比べ20%以上の大幅な伸びが予想されており、2015年の世界における太陽光発電システムの導入量は54GWになると推定される。この拡大基調は2016年も継続すると見られている。

このような市場の状況を反映して、太陽電池モジュールの生産も全体的に堅調に推移している。特に中国大手太陽電池メーカー各社の生産はフル稼働状態が継続しており、第3四半期の報告で通年出荷量を上方修正した企業も多い。また、2016年以降の市場成長を見越して、大手製造企業は生産能力の増強計画を発表している。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報