> コラム > 生産量も導入量も世界1位:中国の太陽光発電システム市場
ソーラー市場 月次レポート

生産量も導入量も世界1位:中国の太陽光発電システム市場

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

中国は2013年に世界で初めて太陽光発電の年間導入量10GW以上を達成した国である。中国国家発展委員会(NDRC)・エネルギー研究所によれば、中国における2013年の太陽光発電システムの新規設置容量は、図に示すように11.8GWであった。このうち系統連系形太陽光発電システムの設置容量は11.3GWであり、独立形太陽光発電システムが0.5GWであった。2013年末の累積導入量は18.8GWとなった。中国は太陽電池製造においては世界1位の座を保持し続けているが、導入量においても世界1位となり、太陽光発電の普及も牽引する国となった。

2014年には、中国国家能源局が2014年1月に公布した「2014年太陽光発電年間新規設置規模の通知の発行について」に基づき、中国全体で合計14.05GWの新規設置が計画されている。

(※全文:1,548文字 画像:あり 参考リンク:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

ソーラー市場 月次レポート バックナンバー

この記事の著者

貝塚 泉(かいづか・いずみ)

資源総合システム 調査事業部 部長

国際研究エネルギー機関・太陽光発電システムプログラム(IEA PVPS)タスク1(情報交換部会)の専門家を2003年から務める。国内外の太陽光発電関連国際会議やシンポジウムで講演。

記事を保存

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.