> コラム > 太陽光発電技術の発展は、 途上国も救う
ソーラー市場 月次レポート

太陽光発電技術の発展は、 途上国も救う

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

世界銀行は、発展途上国などでの再生可能エネルギー開発プロジェクトへ融資・支援を増やす方針を打ち出している。エネルギー供給網整備にも力を入れるが、石炭火力発電所の建設は代替案がないなど一部のケースを除いて融資を行わない方針であり、再生可能エネルギーに重点を置いている。

世界銀行は2030年までに世界の最低所得層の割合を3%にすることを目標としており、発展途上国におけるエネルギー供給体制の拡充は、この貧困撲滅と生活水準向上に向けた政策の一環となっている。

2030年までに世界の再生可能エネルギー比率を2倍に高めたい考えで、融資や支援を立案している同銀行によれば、地球人口の5分の1にあたる12億人がいまだ電力を使用できない状況に置かれている。

(※全文:2,817文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

ソーラー市場 月次レポート バックナンバー

この記事の著者

貝塚 泉氏
貝塚 泉(かいづか・いずみ)

 資源総合システム 調査事業部 部長。国際研究エネルギー機関・太陽光発電システムプログラム(IEA PVPS)タスク1(情報交換部会)の専門家を2003年から務める。国内外の太陽光発電関連国際会議やシンポジウムで講演。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.