> コラム > 太陽光発電を巡るランキング ― 設置容量、電源構成割合 日本は何位?
ソーラー市場 月次レポート

太陽光発電を巡るランキング ― 設置容量、電源構成割合 日本は何位?

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

経済産業省(METI)は、2013年11月18日に2013年7月末までの固定価格買取制度における設備認定状況と導入状況を発表した。2012年7月から2013年7月の太陽光発電の同制度における累積導入量は3,916 MW、累積設備認定量は22,067 MWであった。

稼働を開始した設備は1MW未満がシステムの稼働が大半を占めているが、導入が進展してきたことがわかる。2013年1月~7月の導入量は3,099MWであり、2013年7月末時点での我が国における太陽光発電の累積導入量は9,420MWとなったことから考えると、日本における累積導入量は11月現在で、10,000MW、つまり10GWを超えたものと推定できる。

(※全文:1,492文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

ソーラー市場 月次レポート バックナンバー

この記事の著者

貝塚 泉氏
貝塚 泉(かいづか・いずみ)

 資源総合システム 調査事業部 部長。国際研究エネルギー機関・太陽光発電システムプログラム(IEA PVPS)タスク1(情報交換部会)の専門家を2003年から務める。国内外の太陽光発電関連国際会議やシンポジウムで講演。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.