> コラム > 太陽光発電市場及びモジュールメーカーの世界動向
ソーラー市場 月次レポート

太陽光発電市場及びモジュールメーカーの世界動向

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

これまでのところ、2015年の第1四半期には少なくとも系統連系ベースで10GW以上の太陽光発電システムが世界において導入されていると見られる。出荷ベースでは12GWになるという報道も出ている。

中国・国家能源局は、2015年の第1四半期に系統連系した太陽光発電システムの新規設置容量が5.04GWであったと発表した。うち4.38GWが電力事業規模の太陽光発電所、660MWが分散型の太陽光発電システムであった。中国は、2015年通年の新規設置容量の目標を17.8GWとしており、うち28.3%が第1四半期に達成されたことになる。中国市場は、例年第1四半期は低調で、年末に向けて導入量が増加していく傾向がある中、2015年は目標達成に向けて良いスタートを切ったと言われている。

(※全文:1,467文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

ソーラー市場 月次レポート バックナンバー

この記事の著者

貝塚 泉(かいづか・いずみ)

資源総合システム 調査事業部 部長

国際研究エネルギー機関・太陽光発電システムプログラム(IEA PVPS)タスク1(情報交換部会)の専門家を2003年から務める。国内外の太陽光発電関連国際会議やシンポジウムで講演。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.