ソーラー市場 月次レポート

クリントン候補とトランプ候補、太陽光発電に関する見解の違い

  • 印刷
  • 共有

これまでに、11月の大統領選を前に民主党のヒラリー・クリントン候補と共和党のドナルド・トランプ候補による2回のテレビ討論会が実施され、太陽光発電に対する見解の違いが明白になっている。

9月26日にニューヨーク州で開催された第1回討論会では、クリントン氏が太陽光発電の大規模普及と雇用創出について語ったのに対し、トランプ氏は過去のエネルギー政策の失敗を非難する構図となった。クリントン氏は、健全なエネルギー政策と雇用創出の相関について指摘、新たに1000万の雇用を創出することができるとし、持続可能なエネルギー政策は経済成長のための投資であると主張した。また、トランプ氏が以前、気候変動は中国人の作り話だとツイッターで発言していたことを指摘した。クリントン氏は、2015年7月に、大統領に選出された暁には第1期目に全米に5億枚の太陽電池モジュールを設置すると公約しており、討論中にもこの意向を主張した。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報