> コラム > 発電コスト3セント/kWhを目指すアメリカで新たな貿易摩擦の懸念が浮上
ソーラー市場 月次レポート

発電コスト3セント/kWhを目指すアメリカで新たな貿易摩擦の懸念が浮上

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

2016年6月25日(日)~30日(金)に、アメリカ・ワシントンDCにおいて、第44回米国電気電子学会太陽光発電専門家国際会議(IEEE-PVSC-44)が開催された。基調講演においては、米国エネルギー省(DOE)・SunShot計画の責任者・Charly Gay氏が米国の研究開発について講演した。現在、DOEでは2011年にオバマ前政権下で開始した太陽光発電に関する大型研究開発・普及プログラムであるSunShot計画を遂行している。同計画の当初目標は、電力事業規模の太陽光発電の平準化エネルギーコスト(LCOE)を2020年までに補助金なしで約6セント/kWhにすることであった。DOEは、目標が9割以上達成されたことから2016年11月に新たな目標を発表した。

(※全文:2153文字 画像:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

ソーラー市場 月次レポート バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.