再エネビジネス優遇税制

固定資産税の特例「先端設備等導入計画税制」が2年延長 対象設備も拡充

  • 印刷
  • 共有

太陽光発電設備に対しても原則として適用がある先端設備等導入計画税制(償却資産税が当初3年間概ね0円になる制度)に関して、対象範囲に建物と構築物を加えた上で、2年間延長し、2023年(令和5年)3月取得設備までの適用期限に改正された。ありがたい話であり、今回は、この内容を解説する。

延長・拡充前の先端設備等導入計画税制

(1)中小事業者等が、(2)適用期間内(2021年3月31日までの期間)に、市区町村から認定を受けた「先端設備等導入計画」に基づき、(3)一定の設備を新規取得した場合、新規取得設備に係る固定資産税の課税標準が3年間にわたってゼロ~1/2の間で市町村が定めた割合(通常はゼロ)に軽減される、という制度である。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報