> コラム > 固定資産税の特例「先端設備等導入計画税制」が2年延長 対象設備も拡充
再エネビジネス優遇税制

固定資産税の特例「先端設備等導入計画税制」が2年延長 対象設備も拡充

太陽光発電設備に対しても原則として適用がある先端設備等導入計画税制(償却資産税が当初3年間概ね0円になる制度)に関して、対象範囲に建物と構築物を加えた上で、2年間延長し、2023年(令和5年)3月取得設備までの適用期限に改正された。ありがたい話であり、今回は、この内容を解説する。

延長・拡充前の先端設備等導入計画税制

(1)中小事業者等が、(2)適用期間内(2021年3月31日までの期間)に、市区町村から認定を受けた「先端設備等導入計画」に基づき、(3)一定の設備を新規取得した場合、新規取得設備に係る固定資産税の課税標準が3年間にわたってゼロ~1/2の間で市町村が定めた割合(通常はゼロ)に軽減される、という制度である。

対象設備は、(1)機械装置、(2)工具、(3)器具備品、(4)建物付属設備とされており、構築物、建物は、対象外とされていた。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 81 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.