> コラム > 太陽光発電などの再エネ設備による売電収入 収益の計上時期とは
再エネビジネス優遇税制

太陽光発電などの再エネ設備による売電収入 収益の計上時期とは

法人税法、所得税法、消費税法の各税法は、売上収益の計上すべき時期を定めている。それでは、太陽光等の再エネ設備に係る売電収入の計上時期は、どのように定められているのであろうか。今回は、基本に立ち返り、その解説をする。

問題の所在

2020年(令和2年)3月末が決算日の法人の事例で、次のような場合、2月分(3/15入金)の売上高209,000円、3月分(4/15入金)の売上高202,000円、4月分(5/15入金)の売上高231,000円の各売電収入は、2020年(令和2年)3月期の決算で、売上収益として認識すべきであろうか。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 84 %

再エネビジネス優遇税制 バックナンバー

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.