> コラム > 軽微変更1・20問題と生産性向上設備投資促進税制
再エネビジネス優遇税制

軽微変更1・20問題と生産性向上設備投資促進税制

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

資源エネルギー庁が平成28年11月18日に『平成28年度中の設備認定等に係る申請期限について(注意喚起)』という文書の公表を行い、平成29年1月21日から平成29年3月31日までの間、設備認定に関する軽微変更が行えないこととなっているようだ。このことが、生産性向上設備投資促進税制実務に与える影響を解説したい。

また、償却資産税軽減のための経営力向上計画に関する平成29年改正に関して、機械装置には、『地域・業種』が限定されないことが確認されたのでご報告する。

(※全文:1341文字 画像:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

再エネビジネス優遇税制 バックナンバー

この記事の著者

山田 純也(やまだ・じゅんや)

株式会社KKRコンサルティング 代表取締役、山田純也税理士事務所 所長、税理士

平成11年税理士登録。山田&パートナーズ会計事務所勤務、早稲田セミナー(Wセミナー)税理士講座・公認会計士講座専任講師等を経て、平成25年3月株式会社KKRコンサルティング設立 代表取締役に就任、平成25年6月、山田純也税理士事務所開設 所長に就任。太陽光発電設備に係る税務を専門とし、税務申告、生産性税制申請業務、コンサルティング業務を行っている。主な著書に、『詳説 自社株評価Q&A』(清文社、共著)『Q&A株主資本の実務』(新日本法規出版、共著)がある。

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ