再エネビジネス優遇税制

太陽光設備の償却資産税、今後の法改正にともなう変更点

  • 印刷
  • 共有

今回は、太陽光設備等に関する償却資産税の今後の対応についてご紹介する。なお、一部の法案が未成立であり、不確定要素が多い旨を念のため申し添える。

3分の2特例の廃止等

「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」(再エネ特措法)に基づく固定価格買取制度の認定を受けて取得した発電設備(太陽光、風力、バイオマス、地熱、水力等)に対しては、当初3年間の償却資産税の課税標準を3分の2相当にしてくれる特例があり、その結果、3年間の償却資産税額が3分の2相当額とされてきた。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報