> コラム > 太陽光設備等に関する償却資産税について
再エネビジネス優遇税制

太陽光設備等に関する償却資産税について

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

今回は、太陽光設備等に関する償却資産税の今後の対応についてご紹介する。なお、一部の法案が未成立であり、不確定要素が多い旨を念のため申し添える。

3分の2特例の廃止等

「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」(再エネ特措法)に基づく固定価格買取制度の認定を受けて取得した発電設備(太陽光、風力、バイオマス、地熱、水力等)に対しては、当初3年間の償却資産税の課税標準を3分の2相当にしてくれる特例があり、その結果、3年間の償却資産税額が3分の2相当額とされてきた。

平成28年4月以降に、固定価格買取制度を利用して取得する太陽光発電設備に関しては、上記の特例が廃止されることとなった。取得価額2,000万円の設備における税額を比較すると以下の<図表1>のとおりである。

(※全文:1378文字 画像:なし 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

再エネビジネス優遇税制 バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.