> コラム > 太陽光設備の償却資産税、申請・納付は期限内にお忘れなく
再エネビジネス優遇税制

太陽光設備の償却資産税、申請・納付は期限内にお忘れなく

今回は、太陽光設備に係る償却資産税について解説する。また、連系負担金や造成費の取扱いについても言及する。なお、次回は税制改正大綱の解説を予定している。

太陽光設備に係る償却資産税

固定資産税は、土地、家屋及び償却資産に対して課されるが、償却資産に対して課される固定資産税は、償却資産税と呼ばれている。毎年1月1日に償却資産を保有している者(個人・法人)に対しては、1.4%の標準税率で償却資産税が課税される。その場合、その年1月31日までに、償却資産税の申告をする必要がある。

その市区町村における保有簿価が免税点150万円未満であれば、償却資産税は課されないこととされているが、産業用の太陽光設備で、簿価150万円未満となるのは、だいぶ先の話となるのが通常であろう。

(※全文:3819文字 画像:なし)

この記事の著者

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.