再エネビジネス優遇税制

太陽光設備の償却資産税、申請・納付は期限内にお忘れなく

  • 印刷
  • 共有

今回は、太陽光設備に係る償却資産税について解説する。また、連系負担金や造成費の取扱いについても言及する。なお、次回は税制改正大綱の解説を予定している。

太陽光設備に係る償却資産税

固定資産税は、土地、家屋及び償却資産に対して課されるが、償却資産に対して課される固定資産税は、償却資産税と呼ばれている。毎年1月1日に償却資産を保有している者(個人・法人)に対しては、1.4%の標準税率で償却資産税が課税される。その場合、その年1月31日までに、償却資産税の申告をする必要がある。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報