再エネビジネス優遇税制

第6次エネルギー基本計画案が公表 気になる中身と再エネ設備に対する税制

  • 印刷
  • 共有

2021年7月に、第6次エネルギー基本計画の原案が公表された。現行の第5次エネルギー基本計画と比べると、同じ2030年の電源比率で、再エネは、22~24% から36~38%に大幅に高める計画案になっており、内訳として、太陽光(7%→15%)、風力(1.7%→6%)、水力(9%→10%)などとされている。太陽光発電に関しては、評価できる内容となっている。

現行の第5次エネルギー基本計画と次期第6次計画

2019年9月19日に行われた第1回再生可能エネルギー主力電源化制度改革小委員会では、冒頭、以下の資料が提示されている。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報