> コラム > 第6次エネルギー基本計画案が公表 気になる中身と再エネ設備に対する税制
再エネビジネス優遇税制

第6次エネルギー基本計画案が公表 気になる中身と再エネ設備に対する税制

2021年7月に、第6次エネルギー基本計画の原案が公表された。現行の第5次エネルギー基本計画と比べると、同じ2030年の電源比率で、再エネは、22~24% から36~38%に大幅に高める計画案になっており、内訳として、太陽光(7%→15%)、風力(1.7%→6%)、水力(9%→10%)などとされている。太陽光発電に関しては、評価できる内容となっている。

現行の第5次エネルギー基本計画と次期第6次計画

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 84 %

再エネビジネス優遇税制 バックナンバー

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.