再エネビジネス優遇税制

補助金・税制優遇2024年上半期まとめ 再エネ設備導入に効果的活用を

  • 印刷
  • 共有

2024年度上期の終了を目前に、補助金の公募期間が締め切られつつある。今後は、二次募集などの動向に注目しつつ、比較的公募期間が長い自治体の補助金、税制優遇などの活用で再エネ設備の効果的な導入が期待できる。投資関連税務やコンサルティング業務などが専門の税理士・山田 純也氏に解説してもらった。(バックナンバーはこちら

6月に入り、2024年の上期が終わろうとしている。今上期、そして下期まで公募期間がある我が国の補助金、税制優遇をまとめて解説したい。

太陽光発電設備、カーポートなど環境省・経産省の補助金公募状況

4月頃から開始された国の補助金の大部分の公募が、期間を終えようとしている。主たるものを紹介したい。

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事