再エネビジネス優遇税制

創業間もない企業は不採択!?「先端設備等導入計画税制」の適用条件を解説

  • 印刷
  • 共有

前々回の記事(2019年9月2日掲載)では、先端設備等導入計画に関して、市町村の導入促進基本計画に定めがないのに、ウェブページ上のアナウンスや電話での口頭の対応で、太陽光発電設備を除外するなどと主張する市町村が相当数存在しており、その場合に審査請求制度を活用すべきであることを解説した。今回は、それよりも根が深い「創業間もない企業に対する先端設備等導入計画税制の適用」について、解説する。

課題

先端設備等導入計画は、中小事業者等が、設備投資を通じて労働生産性の向上を図るための計画とされているが、計画中の労働生産性の向上が、計画認定の要件となっている。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報