> コラム > 「軽減税率」まるわかり、10月から太陽光発電事業はこう変わった
再エネビジネス優遇税制

「軽減税率」まるわかり、10月から太陽光発電事業はこう変わった

令和元年(2019年)10月1日より、消費税において、10%税率の適用とともに、軽減税率制度がスタートする。今回は、この軽減税率制度と太陽光発電事業との関係を解説する。

軽減税率制度の概要

令和元年(2019年)10月1日より消費税の税率が8%から10%へ引き上げられる。その際に、高税率に馴染まない取引について、従来どおり、8%の税率が適用される。これが、軽減税率制度である。軽減税率が適用されるのは、次の対象品目の譲渡(販売)となる。

(※全文:1301文字 画像:あり)

再エネビジネス優遇税制 バックナンバー

この記事の著者

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.