> コラム > 太陽光発電設備の初期投資に係る消費税還付を解説、このケースはどうなる?
再エネビジネス優遇税制

太陽光発電設備の初期投資に係る消費税還付を解説、このケースはどうなる?

消費税の課税事業者選択届出書は、その課税期間から課税事業者となりたいのであれば、原則として、その課税期間の開始前(前期末まで)に提出する必要がある。ただし、その課税期間が、新たに課税事業を開始した課税期間であるならば、その課税期間中に(当期末までに)、その届出書を提出すれば、その課税期間から課税事業者になれる。太陽光発電事業では、このようなことで、初期投資に係る消費税の還付を受けることができる。しかしながら、発電事業の開始が当期であっても、発電所取得の契約などの準備が前期中であると、前期に課税事業を開始したこととなり、還付は受けられないとする、おかしい解釈があり、今回は、この問題を解説する。

事例の設定

まず、事例を示す。

(※全文:2237文字 画像:あり)

この記事の著者

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.