再エネビジネス優遇税制

個人における太陽光投資減税とふるさと納税

  • 印刷
  • 共有

個人においても、要件を満たせば、グリーン投資減税や生産性向上設備投資促進税制(以下、「生産性税制」)による特別償却を適用できる。最近、これらの投資減税の適用を受ける個人のお客様からふるさと納税の限度額について質問を受けることが多い。今回はその解説をさせていただく。

個人における太陽光投資減税

個人においても要件を満たせば、グリーン投資減税や生産性税制の適用を受けることができる。特別償却(即時償却、50%償却、30%償却)を選択し、太陽光に係る事業所得が赤字になれば、給与所得との損益通算も可能であり、個人における優遇適用も広く一般に多く行われている。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報