> コラム > 住宅用太陽光発電における「余剰売電」を税制から解説
再エネビジネス優遇税制

住宅用太陽光発電における「余剰売電」を税制から解説

今回は、住宅用太陽光発電設備(10kW未満)を取得した場合の税務について解説する。事業用自家消費と共に、今後も継続して設置が行われることが予想される。最近、新電力によって、一定期間の設置、電力消費の後、無償で太陽光設備を取得できるようなスキームも生じており、今後も注目される内容だ。

住宅用太陽光発電のFIT適用

住宅用太陽光発電(10kW未満)のFIT適用については、制度制定当時より、全量売電は行えず、発電電力を自家消費した後の余剰電力を売電する、余剰売電のみの適用となっている。2019年度の売電価格は、24円/kWh、2020年度の売電価格(案)は、21円/kWh(税込み)となっている。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 86 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.