> コラム > 太陽光発電所の土地にかかる登録免許税・不動産取得税・固定資産税を解説
再エネビジネス優遇税制

太陽光発電所の土地にかかる登録免許税・不動産取得税・固定資産税を解説

太陽光発電所の敷地についても、居住用マンションなどと同じように、賃貸と取得がありうる。20年超、安心して発電を続けられるので、取得という選択肢もよいだろう。ただし、土地の取得、保有に対しては諸税が掛かるので、留意して頂きたい。今回は、その税務を解説する。

土地取得に係る登録免許税

我が国の不動産については、その所有者その他の権利関係を公示する登記制度があり、土地を取得した際には、概ね常に、所有権移転の登記を行う。その際に、法務局に支払うのが、登録免許税である。概ね、手数料的な意味を持つ租税と言えるだろう。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 86 %

この記事の著者

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.