> コラム > 令和2年度税制改正大綱を解説 再エネ発電事業に係る税制はこう変わる
再エネビジネス優遇税制

令和2年度税制改正大綱を解説 再エネ発電事業に係る税制はこう変わる

令和2年度税制改正大綱公表される。本年令和元年12月12日に与党より令和2年度税制改正大綱(以下、「与党大綱」という。)が公表された。今回は、そのうち、再生可能エネルギー発電に係る部分について解説する。

税制改正の流れ

毎年、夏頃から各省庁が民間諸団体からの改正要望を取りまとめ、自民党、政府の税制調査会に提出する。その後、税制調査会でその内容を検討し、12月に税制改正大綱が公表され、各省庁から解説資料が公表される。年が明け、改正条文案が作成され、公表される。その後3月下旬に国会で決議され、概ね4月に改正規定が施行される。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 91 %

再エネビジネス優遇税制 バックナンバー

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.