再エネビジネス優遇税制

平成30年度税制改正と前年改正中小企業経営強化税制

  • 印刷
  • 共有

昨年12月の平成30年度税制改正大綱において、新税制「省エネ再エネ高度化投資促進税制」の制定が公表されたが、結論から言って、優遇に薄く、しばらくは、使い道があまりなさそうだ。そうなると、平成29年度税制改正大綱で制定された、中小企業経営強化税制の活用を優先して検討すべきであり、今回は、こちらの旧税制を復習する。

新税制「省エネ再エネ高度化投資促進税制」

新税制は、省エネ設備に対し、30%の特別償却等、再エネ設備に対して、20%の特別償却等を適用する税制である。再エネ設備に関しては、肝心な太陽光設備、風力設備が除外される見込みであり、わずかに、蓄電池 等の付帯的設備のみが、太陽光・風力関連で適用できるようだ。省エネ設備、再エネ設備共に、償却率が低く、使い勝手が悪い。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報