> コラム > 太陽光発電設備、償却方法の変更について
再エネビジネス優遇税制

太陽光発電設備、償却方法の変更について

今回は、少しマニアックな内容を解説する。税法では、太陽光発電設備の減価償却方法について、定額法と定率法とを定めており、いずれかを選択して、減価償却を行うこととしている。しかし、何らかの理由があれば、変更が可能である。例えば、最初は、定率法を選定し、償却をしていたが、定額法に変更することができる。稀にお客様からの変更に関する質問や要望があるので、今回は、この解説をする。

025937-2

画像はイメージです

太陽光発電設備の減価償却方法

太陽光発電設備の減価償却方法には、定額法と定率法がある。どちらかを選択し、継続適用するのが原則である。何らの届出を提出しなかった場合の償却方法(法定償却方法)が法定されており、個人の場合には定額法、法人の場合には定率法と定められている。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 85 %

再エネビジネス優遇税制 バックナンバー

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.