三井物産、豪グリーン水素製造事業に参画

  • 印刷
  • 共有
グリーン水素プラント完成予想図(出所:三井物産)
グリーン水素プラント完成予想図(出所:三井物産)

三井物産(東京都千代田区)は9月16日、豪州ピルバラ地域(西オーストラリア州)におけるグリーン水素製造事業「YURIプロジェクト」に参画すると発表した。仏電力大手エンジ―社の子会社が100%保有する豪州事業会社の持分を契約上の条件が充足され次第、28%取得することで合意し、9月2日に持分取得契約を締結した。

このプロジェクトでは、新たに太陽光パネル(18MW)と水素製造装置(10MW)を設置する。三井物産の合弁会社とENGIE社が太陽光発電電力により水を電気分解してグリーン水素を製造し、大手窒素系肥料メーカーであるヤラ・インターナショナルの100%子会社ヤラ・ピルバラ・ファ―ティライザー社(YPF社)が保有するアンモニア製造設備向けに供給。YPF社はクリーンアンモニアの原料として利用する。2024年の完工・生産開始を予定している。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報