スズキ、印でバイオガス実証 牛の排泄物から自動車燃料

  • 印刷
  • 共有
バイオガス実証事業の全体像(出所:スズキ)
バイオガス実証事業の全体像(出所:スズキ)

スズキ(静岡県浜松市)は8月31日、インドでバイオガス実証事業を開始すると発表した。牛の糞尿に含まれるメタンから自動車用燃料を精製することを検討する。

インドには牛が多く、牛の糞尿には、CO2の28倍の温室効果を持つメタンが含まれる。自動車燃料として使用することでこのメタンの大気放出を抑制する。同社はインド政府関係機関の全国酪農開発機構(NDDB)とバイオガス実証事業を行うことで合意し、覚書を締結した。両者は合弁会社の設立も視野に、将来のバイオガス事業化に向けた取り組みと、その普及可能性の実証を行うとしている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報