大林組と岩谷、国内初・液化水素の冷熱を建物に利用へ

  • 印刷
  • 共有
2013年4月に竣工した岩谷産業中央研究所・岩谷水素技術研究所 (出所:岩谷産業)
2013年4月に竣工した岩谷産業中央研究所・岩谷水素技術研究所 (出所:岩谷産業)

岩谷産業(大阪府・東京都)は8月31日、大林組(東京都港区)と共同で、液化水素の冷熱を建物の空調エネルギーなどへ利用する日本初の実証に着手すると発表した。

液化水素は、水素ガスを—253℃という極低温にして液化させたもので、利用する際には、主に空気と熱交換することで気化させる機器(気化器)を用いて常温のガスに戻す。一方で—253℃の冷熱は利用されず大気に放散されている。液化水素は、圧縮水素ガスに比べ密度が高く大量輸送・大量貯蔵に適しており、輸送効率が求められる産業用途や水素ステーション等に供給されている。

今回の実証は、国内有数の水素エネルギーの研究開発拠点である中央研究所・岩谷水素技術研究所において開始する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報