失敗要因から学ぶ、バイオガス発電事業化のポイントとは

  • 印刷
  • 共有
バイオガス発電 実践基礎講座
バイオガス発電 実践基礎講座

日本ビジネス出版(東京都港区)は10月14日、「バイオガス発電 実践基礎講座〜失敗要因から学ぶ 事業化へのポイント〜」をオンラインで開催する。時間は15:00〜17:00(120分)、価格は22,000円(有料会員価格 19,800円)で、定員は100名。申し込みは10月11日まで。

バイオガス発電は、食品廃棄物や下水汚泥、家畜ふん尿など有機性未利用資源を活用する発電手法。自治体や食品・飲料などの製造業では、自社内の残渣物を発電利用する動きが出始めている。一方で、地域ごとに原料組成や副産物の利用手法、連携体制などが異なるという課題があり、事業化に向けては、資金調達や事業開始後の運用、住民同意の取得など求められるハードルも高い。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報