名護市、下水処理場で消化ガス発電事業を行う事業者を公募 

  • 印刷
  • 共有
沖縄県名護市【出所:PIXTA】
沖縄県名護市【出所:PIXTA】

沖縄県名護市は11月10日、名護下水処理場においてバイオガスを活用した発電事業を実施する民間事業者を選定するため、公募型プロポーザルを実施すると発表した。

名護下水処理場では、環境負荷の低減に寄与するため、再生可能エネルギーとして、汚泥処理の過程で消化タンクから発生するメタンガスを主成分とする消化ガスを利用した発電に取り組んでいる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事