帝人と東急建設、水素燃料電池を建設現場で活用 実証実験

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

帝人(東京都千代田区)と東急建設(同・渋谷区)は10月17日、建設現場で水素燃料電池を電源に活用する実証実験を行うと発表した。

渋谷駅周辺開発プロジェクトで運用 23年4月開始

実証実験の詳細は以下のとおり。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報