二輪用水素燃料エンジンを四輪車に搭載、デモ走行

  • 印刷
  • 共有
画像は研究車両(出所:川崎重工)
画像は研究車両(出所:川崎重工)

川崎重工グループのカワサキモータース(兵庫県明石市)は9月3日、モーターサイクル用水素燃料直噴エンジンを搭載した、研究用オフロード四輪車のデモンストレーション走行を行った。

デモ走行は「ENEOSスーパー耐久シリーズ2022 Powered by Hankook第5戦 もてぎスーパー耐久レース 5Hours Race」を開催中のモビリティリゾートもてぎ ロードコース(栃木県)で実施した。エンジンは、モーターサイクル「Ninja H2」の998cc直列4気筒スーパーチャージドエンジンをベースに、水素燃料の筒内直接噴射(直噴)仕様へ改良。車体は北米などで販売しているオフロード四輪車をベースに、水素燃料タンクや燃料供給系統を設置するために大幅なレイアウト変更を行った。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報