積水化学、次世代太陽電池を大阪の新駅に設置へ

  • 印刷
  • 共有
(出所:積水化学工業)
(出所:積水化学工業)

積水化学工業(大阪府大阪市)は8月3日、西日本旅客鉄道(JR西日本/同)が開業を目指す「うめきた(大阪)駅」に、フィルム型ペロブスカイト太陽電池を提供、設置すると発表した。一般共用施設への設置は積水化学として初めて。日照や発電量を計測する実証実験も同時に行うという。

JR西日本は、さまざまなパートナーと共創するフィールドとして、2025年に全面開業する同駅に「JR WEST LABO」というオープンイノベーションの実験場を開設する。同社は、同駅の広場部分にフィルム型ペロブスカイト太陽電池を設置。JR西日本初の「電力由来CO2ゼロの駅」の実現に向けて、「JR WEST LABO」のパートナーとして共創する。

軽量で柔軟、壁面や曲面などさまざまな場所に設置可能

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報