住友林業、建築時のCO2排出量を見える化

  • 印刷
  • 共有

住友林業(東京都千代田区)は8月8日、建設時のCO2排出量などを見える化するソフトウェア「One Click LCA」の日本語版を発売すると発表した。

このソフトウェアでは、建設にかかる原材料調達から加工・輸送・建設・改修・廃棄時のCO2排出量までを細かく算定できる。

「資材調達」「輸送」「施工」「解体」などの各段階におけるCO2排出量削減取り組みを算定結果に反映でき、資材の環境認証ラベルであるEPD(Environmental Product Declaration)を使用することで、サプライチェーン全体でのCO2排出量の見える化が可能だ。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報