清水建設、炭素貯留・環境配慮型コンクリートを開発

  • 印刷
  • 共有
硬化後のバイオ炭コンクリート(出所:清水建設)
硬化後のバイオ炭コンクリート(出所:清水建設)

清水建設(東京都中央区)は8月10日、コンクリート構造物に炭素を貯留する環境配慮型コンクリート(バイオ炭コンクリート)を開発したと発表した。

同社が開発したこの技術は、成長過程で大気中のCO2を吸収した木材の炭化物を利用し、コンクリート内部にCO2を固定するというもの。製造時に多量のCO2を排出するセメントの一部を高炉スラグで代替した低炭素セメントを併用することで、CO2の固定量が排出量を上回るカーボンネガティブを実現する。同社によると、バイオ炭コンクリートは普通コンクリート同等の流動性を備えており、コンクリート構造物への幅広い適用が見込めるという。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報